小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

無印良品/写真で見る「MUJI Diner」朝・昼・夜でメニュー提案

良品計画は4月4日、東京・銀座に開業する世界旗艦店「無印良品 銀座」地下1階に、日本初上陸となるレストラン「MUJI Diner(ムジダイナー) 無印良品 食堂」をオープンする。

<MUJI Diner>
MUJI Diner

ムジダイナーは、「素の食」「楽しむ」「伝統」「おすそわけ」をテーマに、野菜を中心に旬の魚介や肉料理、ジビエなどを使った一品料理を提供する業態。

2017年6月に上海に1号店をオープンし、深セン、北京に店舗を展開し、銀座店は日本初上陸となる。

<客席>
客席

店舗面積は317m2で、客席数は118席を用意した。生活の基本となる商品を提供する無印良品の中で、食の分野は欠落している商品が多いカテゴリーだと捉えており、ムジダイナーを開発した。

<調理に使用する鮮魚のディスプレイ>
調理に使用する鮮魚のディスプレイ

生産者と消費者が離れており、直接、コミュニケーションが取れないことに着目して、産地の想いを伝えれる店舗を目指した。

<ディナーメニューで店舗コンセプトを紹介>
ディナーメニューで店舗コンセプトを紹介

生産者の顔が見えるおいしい食材を提供することを「無印良品らしさ」と捉え、青果・鮮魚・精肉の素材をオープンキッチン前でディスプレイして紹介する。

<精肉のディスプレイ>
精肉のディスプレイ

野菜は、千葉、寄居などの農家からの産直、肉は宮崎ハーブ牛、沖縄アグー豚、魚は小田原漁港からの直送商品を使用する。

<青果のディスプレイ>
青果のディスプレイ

地域の食材を使用した地域の伝統的な料理や地域の味として愛されているおいしい料理をシェフを通じて紹介するため、毎月マンスリーゲストシェフを招いたイベントも実施する。

カフェ&ミールムジは、全店で衛生管理の基準であるHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point・ハサップ)の認証を受けており、ムジダイナーもハサップの認証を取得している。

調理場の冷蔵庫・冷凍庫の温度記録や従業員の作業前の対応チェックなどさまざまな衛生管理基準をクリアした運営を行っている。調理において顔が見える運営が必要であると考えオープンキッチンを採用した。

<オープンキッチンを採用>
オープンキッチンを採用

店舗周辺には早朝からオープンして朝食を摂れる店舗が少ないため、朝7時30分から営業し朝食メニューを提供する。

<焼き魚定食>
焼き魚定食

朝食は7時30分から11時まで、税込500円と850円で提供する。500円でトースト・スクランブルエッグ、豆腐粥、おにぎり定食を提供する。焼き魚定食は850円で販売する。

<自家製湯豆腐定食>
自家製湯豆腐定食

昼食は11時~15時に提供し、湯豆腐セット(1000円)、ハンバーグ、オムライス(各950円)、焼き魚、から揚げ(各850円)、サラダバー(400円)を販売する。

<ハンバーグ定食>
ハンバーグ定食

17時~22時は夕食を提供し、アルコールを含み客単価で3000円程度を想定している。

夕食は、仲間や家族が同じテーブルを囲む「おすそわけ」をテーマに、400円~2900円の小皿、大皿料理を提供する。

<アラカルトメニューの一例>
アラカルトメニューの一例

カフェ&ミールムジでは、1人で来店する女性客が約70%を占め、ランチのニーズが高いことを把握していた。

四日市、新百合ヶ丘、錦糸町に出した新しいカフェ&ミールムジでは、晩御飯のニーズが強く、1人分の食材で料理することは難しい課題が見えてきたため、朝、昼、夜のメニュー提案を実施するという。

<豆腐工房を設置し店内で豆腐を製造>
豆腐工房を設置し店内で豆腐を製造

店内には「豆腐工房」を設置し、こだわりの大豆を使用し、豆乳の搾取、おから料理、おぼろ豆腐など、できたての商品を提供する。

豆腐工房では1回あたり5kgの大豆を使用し、40リットルの豆乳を作り、15kgの豆腐を製造する。1回あたり2時間30分の仕込み時間が必要なため1日に4回~5回の製造を見込んでいる。

<ワインバー、サラダバーも設置>
ワインバー、サラダバーも設置

店内には、国産ワインを1杯700円から楽しめるワインバーとからだに良い野菜を提供するサラダバー(大700円)も展開する。

<無印良品のキッチン雑貨も販売>
無印良品のキッチン雑貨も販売

無印良品のキッチン雑貨のほか、全国各地から集めたこだわりの食品も販売する。カフェ&ミールムジでも、無印良品で販売する食器を使用していたが、食器を購入するためには売場に移動する必要があった。

<こだわりの食材も販売>
こだわりの食材も販売

ムジダイナー内にも、キッチン雑貨コーナーを設けることで食事を楽しんだ後で、すぐに気に入った食器などを購入できる環境を整えた。

<ムジダイナーのレジで物販の会計も対応>
ムジダイナーのレジで物販の会計も対応

物販コーナーの商品は、ムジダイナーで食事をすれば一緒に購入することができる。物販商品だけを購入する場合は、1階のレジで会計に対応する予定だ。

<ムジダイナーの客席>
ムジダイナーの客席

現在は、1階で販売するお弁当の製造は行っていないが、将来的には店舗で販売するお弁当の製造も視野に入れている。

現時点では、お弁当の製造委託先と一緒になって商品開発に取り組んでいるという。

店舗概要
所在地:東京都中央区銀座3-3-5
店舗面積:317m2
客席数:118席

■MUJI Diner
https://www.muji.com/ja/diner/

<朝メニュー>
朝メニュー

<昼メニュー>
昼メニュー

<カフェメニュー>
カフェメニュー

<前菜メニュー>
前菜メニュー

<副菜、主菜メニュー>
副菜、主菜メニュー

<ご飯・漬物・定食メニュー>
ご飯・漬物・定食メニュー

<甘味メニュー>
甘味メニュー

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧