小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

マクドナルド/モバイルオーダーなど「未来型店舗」開始、年内全国へ

店舗/2019年04月09日

日本マクドナルドは4月10日、静岡県内の75店舗で、サービスを刷新し、より快適な店舗体験を提供する「未来型店舗体験」を開始する。

<モバイルオーダー>
モバイルオーダー

お客一人一人に、より充実したサービスを提供する考えのもと、「モバイルオーダー」、「ゲストエクスペリエンスリーダー」、「テーブルデリバリー」を各店舗に導入するもの。

「未来型店舗」は、静岡での出店を皮切りに、年内に全国展開を予定している。

全店2904店(2019年4月9日現在)のうち半数の店に「ゲストエクスペリエンスリーダー」、「テーブルデリバリー」導入を目指している。

「モバイルオーダー」は、来店前にスマートフォンのアプリで商品の注文を完了することができ、来店時にアプリ上で決済をするだけで、できたての商品が準備され、ピックアップできる。

注文の際にゆっくりと時間をかけて好きなバーガーを選べ、店舗での注文の列に並ばずスピーディに商品を受け取れる。

<「ゲストエクスペリエンスリーダー」を採用>
「ゲストエクスペリエンスリーダー」を採用

来店から退店するまで、お客の店舗体験全体をサポートするスタッフ「ゲストエクスペリエンスリーダー」を採用する。

お客がメニュー選びで困ったり、空いている客席を探す場合などサポートする。

<テーブルデリバリー>
テーブルデリバリー

「テーブルデリバリー」は、注文カウンターで支払いが終了したお客に番号プレートを持って席で待ってもらい、クルーが食事を届けるサービス。

子ども連れ、手荷物や傘がある人はもちろん、何も荷物がないお客も利用できる。

「テーブルデリバリー」と「モバイルオーダー」を合わせて利用することも可能となっている。

今年1月の沖縄県内マクドナルド店舗でのパイロット導入で、お客から好評を得ており、今回全国への本格導入に先立ち、アプリ利用率が高いことなどから、静岡県内75店舗でスタートする。

フルサービス対応60店、モバイルオーダーのみ対応が15店となっている。

「未来型店舗体験」を通じて、クイックサービスレストランのサービススタンダードの刷新を図る。

また、同社では2015年から店舗改装を進めており、注文カウンター上のメニューボードは、デジタルディスプレイに随時切り替わっている。

注文と商品受け取りの場所を分けた「デュアルポイントサービス」のレイアウトも、並ぶ場所が分かりやすいと好評を得ている。

客席エリアにも、デジタルの掲示板の設置が進められている。「デジタルコミュニティボード」は商品POPだけでなく、原材料の品質の紹介や、お店からのご案内などをムービーも使いながら紹介している。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧