小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン北海道/「湯川店」食品売場大改装、フードコート100席展開

店舗/2019年06月14日

イオン北海道は6月29日、北海道函館市の「イオン湯川店」の1階食品売場やフードコートの改装を行いリフレッシュオープンする。

<イオン湯川店>
イオン湯川店

湯川店は1981年10月に「ホリタショッパーズプラザ湯川店」としてオープンして以来、近隣住民や湯の川温泉を訪れる国内外の観光客など、多くのお客が利用している。

今回、「忙しい毎日に新たな食と彩りを」をコンセプトに、子どもから大人まで多くの人が集う「地域の憩いの場」となるべく、リニューアルを実施する。

リニューアルでは、コンセプトに基づき、買い物だけではなく、食も楽しめる空間「デリカワールド」をお客に提案する。

食品売場では、弁当や惣菜などを中心に食品全般の品ぞろえを拡大し、即食・簡便商品の売場を隣接させ、お客の時短ニーズに対応する、買い物しやすい売場へ変更する。

函館近郊の漁港で水揚げされた新鮮な魚や近郊野菜、大沼公園の麓で育った「函館牛」や道南地域で育まれた高品質豚肉「道南レッドポーク」など、道南地域の地場産品を豊富に取りそろえる。

<フードコートのイメージ>
フードコートのイメージ

フードコートは、函館市内初出店の「餃子の王将」、美唄焼き鳥・総菜「炎」、函館の老舗洋食店「五島軒」のケーキショップ、札幌の人気カレー専門店「ミスターカレー」など、食の専門店を新たに6店が出店する。。

今回、新たな食の専門店と100席以上の座席数を兼ね備えた「DINING PLAZA」として、大きくリニューアルする。

DINING PLAZAでは、フードコートの商品だけでなく、店内で購入した商品を楽しむこともでき、家族や友人が一緒にくつろげる憩いの場を提供する。

毎日をより充実させるためのこだわりの品とサービスを提案する「専門店化」として、リカーや花売場をリニューアルするほか、ヘルス&ビューティケアの売場を2階へ移設・拡大し、人気のコスメブランドを取りそろえるほか、ヘルスケア商品の拡充を図り、美容提案やお客の健康管理をサポートする。

店舗概要
所在地:北海道函館市湯川町3-14-5
※函館市電「湯の川」停留場から徒歩10分
TEL:0138-57-1311
敷地面積:約7458m2
商業施設面積:約9213m2(うちイオン直営店約5760m2)
延床面積:約1万2007m2
営業時間:1階食品売場:8時~21時45分
その他の売場:9時~21時
※一部営業時間が異なる売場がある
専門店数:15店
休業日:年中無休
駐車台数:約400台

■イオン湯川店
https://www.aeon-hokkaido.jp/yunokawa/

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧