小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ロフト/「京都店」刷新、回遊性高まるクランク導線採用の次世代型店

店舗/2019年08月26日

ロフトは9月10日、京都ロフトを「ミーナ京都」の地下1階~4階から4~6階に移転し、リニューアルオープンする。

<回遊性高まるクランク導線採用の次世代型店>
回遊性高まるクランク導線採用の次世代型店

今回のリニューアルで3フロアに雑貨の魅力を凝縮。買物で迷える楽しみを体感できる次世代型のクランク導線を採用して新たに生まれ変わる。

京都府内で唯一となる同店では、京都の大通りに位置する商業施設という立地を生かし、学生が多い街の特性に合わせた品揃えを強化。「クランク導線」を採用した新しいタイプの店舗環境(次世代型)となる。

時間消費型で、買物選びに迷える楽しみを演出するクランク導線(導線がジグザグした回遊性が高まる売場)は、お客がお気に入りの商品を選ぶために歩き回り、コト消費がイメージできるMD提案をしていく。

営業面積は約2566m2と、ロフトの店舗としては大型店舗で、トータルで約4万2000アイテムを品揃え、文具雑貨(2万SKU)、健康雑貨(9000SKU)、バラエティ雑貨(7000SKU)、生活雑貨(6000SKU)の4領域で、市(旬)と蔵(定番)の商品で構成している。

4階のバラエティフロアでは、学生にも人気の高いキャラクター雑貨をはじめ、携帯雑貨やファッション雑貨、トラベル用品などを展開。時計の販売・修理の「オンタイム」、iPhoneの修理加工の「iCracked」、アクセサリー販売の「THE KISS」、「D+」を併設する。

5階の健康雑貨&生活雑貨フロアでは、今年で11回目を迎えるコスメフェスティバルを開催する。「GLITZ GLITZ(グリッツグリッツ)」と題し、「キラキラした華やかさ」をテーマにしたロフト限定の最新コスメや限定カラーアイテムなど約85種類を集積する。

また、同フロアではランチ用品やキッチン雑貨、バス雑貨など暮らしに役立つ生活雑貨に加え、加湿器などの季節の変わり目に活躍する雑貨もそろう。

6階の文具フロアは、2020年のダイアリーやカレンダーが登場。毎年人気の川柳カレンダーから新しく登場する「秋田犬川柳カレンダー」をはじめ、新学期のはじまりに必須のノートや筆記具、収納用品なども用意している。

■京都ロフト
所在地:京都府京都市中京区河原町通三条下ル大黒町58 ミーナ京都4~6階
TEL:075-255-6210(代表)
営業時間:11時~21時
営業面積:約2566m2
https://www.loft.co.jp/
7月12日~9月9日まで改装のため休業

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧