小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

イオン九州/FC事業第1号タピオカ専門店「フードボート カフェ」

店舗/2019年10月21日

イオン九州は10月28日、福岡県筑紫野市の「イオン二日市店内」に、FC事業第1号店で、九州では初出店となる「フードボート カフェ」をオープンする。

<フードボート カフェ>
フードボート カフェ

2019年3月の機構改革において、フランチャイズビジネス実現を検討する「FC(フランチャイズ)事業推進部」を新設。イオン九州が持つ経営資源を最大限に活用し、収益の向上につながる新たな成長ビジネスの創出に取り組んできた。

今回、イオン九州がフランチャイジーとして運営する「フードボート カフェ」では、台湾直輸入の生タピオカや厳選茶葉を使用したオリジナルタピオカを中心に、おいしさにこだわったドリンク・スイーツを手頃な価格で提供する。

<タピオカドリンクなどが楽しめる>
タピオカドリンク

生タピオカを使用したタピオカドリンク、オリジナル生地を使ったクレープ生地、素材の鮮度が保たれる超高圧低温殺菌処理で作られたジュースがそろう。価格帯は税別230円~760円となっている。

ターゲットとする10代から30代の学生、会社員の来店が見込める駅前立地のイオン二日市店にて新たな事業成功に向け挑戦する。

10月10日、都内で開いた2020年2月期第2四半期決算で、柴田祐司社長は、「中小型のショッピングセンターにテナントが集まりにくい現在、店の確保のためにも、自社でカフェ運営にチャレンジする。外食の業態がイオン九州にないので、ノウハウを蓄積し、今後70歳まで定年延長になった場合、社員の雇用の受け皿としても考えたい」と説明している。

■フードボート カフェ イオン二日市店
所在地:福岡県筑紫野市二日市北2-2-1イオン二日市店 1階
営業時間:10時~21時
https://www.foodboat.co.jp/shop.php

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧