小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR東日本/東京駅でフードロス削減「レスキューデリ」実証実験

店舗/2020年01月07日

JR東日本スタートアップは1月14日~2月14日、東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」などのエキナカ店舗の営業終了後に、まだ食べられる食品を駅で働く従業員に販売する実証実験を実施する。

<「レスキューデリ」の流れ>
「レスキューデリ」の流れ

「JR東日本スタートアッププログラム2019」の一環として、鉄道会館とフードシェアリングサービス「TABETE(タベテ)」を運営するコークッキングとタイアップしたもの。

閉店後の店舗内の食品を取り巻く環境として、閉店までの品揃え確保、天候による見込み客数の大きな変動という理由からフードロスが発生してしまう課題があった。

その課題を踏まえ、エキナカ店舗の販売しきれなかった食品を「TABATE」を運営するコークッキングが買い取り、駅で働く従業員に向けて、コークッキング初の実店舗サービス「レスキューデリ」で販売することで、フードロス削減を目指す。

■レスキューデリの概要
実施期間:1月14日~2月14日
営業時間:エキナカ店舗の営業終了以降
実施場所:JR東京駅指定の従業員休憩室
対象者:東京駅で働く商業施設、駅施設などの従業員

■出品予定店舗
対象ショップ:ブランジェ浅野屋、デイジイ東京、BURDIGALA EXPRESS、笹八、ほんのり屋東京本店
ショップ運営会社:ジェイアール東日本フードビジネス、トリコロール、中谷本舗、味の浜藤
出品商品例:パン詰め合わせ、弁当、おにぎりなど

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧