小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

さいか屋/「横須賀店」来年2月閉店、希望退職募集

店舗/2020年05月11日

さいか屋は5月8日、神奈川県横須賀市の「横須賀店」を2021年2月に閉店すると発表した。

同店は、1928年に百貨店として開店。1990年には新館・南館を増床し、延床面積は3万6165m2となり、ピーク時(1991年)の売上高は368億円だった。

ピーク以来、売上高は減少が続き、2017年2月期以降は赤字が恒常化していた。

これまで、店舗運営の効率化などを進めてきたが、売上高の減少に歯止めがかからず、業績回復の見通しが立たないことから、2021年2月に閉店する。

今後、横須賀店閉店後の横須賀地区での営業については、サテライト型店舗の開設などを検討していく。

また、横須賀店閉店に合わせ、効率的な組織作りや人員配置の見直しを行なったうえで、事業規模に見合った人員体制を構築する必要があるため、希望退職者の募集を行う。

対象者は2020年8月31日現在で満35歳以上の社員で、募集人数は非正規社員含み120人程度とした。

募集時期は2020年6月下旬、退職日は2020年8月31日および2021年2月28日を予定している。

優遇措置として、同社規程に基づく退職金に加え、割増退職金を支給。退職金の支給がない社員は、退職慰労金を支給する。

さらに、希望者に対しては再就職支援を行う。

割増退職金等の費用は、2021年2月期において特別損失として計上する。

■さいか屋横須賀店
所在地:神奈川県横須賀市大滝町1-13
売上高:65億8600万円(2020年2月期)
売場面積:1万9343m2
従業員数:134人(2020年2月末日現在)

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

流通最前線一覧