メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

棚割作成基礎講座/データと購買行動に基づく定番棚割を学ぶ(WEB開催)

2020年05月11日セミナー

流通経済研究所は6月12日、棚割作成基礎講座を開催する。講座は Web配信(ライブ) でも受講することができる。

「定番の活性化」は売上向上だけでなく利益率の改善にも不可欠であり、効果的な棚割作成は定番活性化の要といえる。

効果的な棚割作成のポイントは、販売データと消費者ニーズの変化を反映した「スペース配分とSKU数の最適化」とお客にとって買いやすい売場を実現し買上率を改善する「グルーピング、ゾーニング」の2点に集約される。

また、店舗別や店舗グループ別の棚割作成が求められる現在、効率的な作業手順の確立も重要な課題となっている。

講座では講義と演習を通して、「カテゴリー内の商品の括り(グルーピング)」「各商品グループへの棚スペースの配分」「定番ゴンドラへの各グループのゾーニング」「品ぞろえSKU数の増減と取扱い商品の選定」「効率的な作業のためのデータ分析のポイント」を中心に、POSデータ・市場データ、購買行動、およびインストアマーチャンダイジング理論に基づく「根拠のある」棚割作成の原理原則を習得することを目的としている。

講義と演習を交えたプログラムによって、棚割作成の知識だけでなく、実践力の養成を図る。

2015年の開設以来、個別企業向け棚割研修を除き116社・230名以上が受講している。受講者業種比率は、小売業31%、卸売業15%、メーカー 47%、その他6%となっている。

■開催概要
開催日:2020年6月12日(金)
時間:13:00~17:30
場所:流通経済研究所 セミナールーム1
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
参加費:1名につき33,000円(消費税別)
※参加希望人数により、個別企業向けの講座開催も可能
※教材作成協力:日本総合システム

■詳細・申込
https://www.dei.or.jp/school/kouza_tanawari

■Web配信(ライブ)による受講について
6月12日実施の本講座は、Web配信(ライブ)による受講ができる。
Web配信による受講を希望される人は、Webページからの申込みの際に「Web配信(ライブ)で受講」を選択する。

・Web配信からの受講を選択すると、事前にテキストを郵送する。
・質疑応答は、配信ツールのQ&A機能からテキストで送信し、講義中または終了後に回答する。
※Internet Explorerは環境によって正しく視聴できない場合がある。
 Google Chrome(推奨) 等、他のブラウザを用意。

■カリキュラム
○講座の趣旨と目的
○棚割作成の原理原則
 ・良い棚割の条件
 ・棚割に関連するインストア・マーチャンダイジング理論と
   ゾーニングの原則
 ・棚割作成のプロセス
○データに基づく棚割方針の策定
 ・商品グループへのフェイス配分・SKU数の決定
 ・効率的な棚割作成のためのデータ分析のポイント
 ・クロスABC分析によるアイテム選定と棚割表の作成
○演習
 ・棚割分析結果の読み込みと棚割方針の作成
 ・棚割方針の検討・ゾーニング案・品揃え案の作成 
 ・解説・解答例
○講座のまとめ

※都合により、プログラムに変更が生じる場合がある

■問い合わせ先
流通経済研究所 教育・研修担当
担当者:黒沢、祝(いわい)
TEL:03-5213-4532
FAX:03-5276-5457

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方