メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/「ポプラ」など140店を「ローソン・ポプラ」「ローソン」転換

2020年09月10日店舗

ローソンは9月10日、ポプラとの間で、「ポプラ」、「生活彩家」、「スリーエイト」ブランドで営業している460店舗のうち、140店舗を「ローソン・ポプラ」もしくは「ローソン」ブランドへ転換し運営することなどに関する共同事業契約を締結した。

140店舗のうち126店舗は、同日付で設立されたポプラの100%子会社「ポプラリテール」がローソンのメガフランチャイジーとして店舗のチェーン展開を行う。加盟店合意の上、126店舗を2021年3月から2021年6月にかけて順次「ローソン・ポプラ」もしくは「ローソン」ブランド店舗に転換する。

14店舗については、加盟店合意の上、ローソンのフランチャイズ店舗もしくは直営店とする予定だ。

ローソンとポプラは、2014年12月8日に資本業務提携を締結し、原材料、商品などの共同仕入れ、物流インフラの相互活用等の取組みを推進。2016年8月4日に店舗レベルでの業務提携において「ローソン・ポプラ」ダブルブランド店舗の本格的展開に向けて、山陰地区事業に係る共同運営契約を締結した。

これに基づき、山陰地区の「ポプラ」店舗のうち51店舗を「ローソン・ポプラ 」ブランドに転換した。

山陰の地域生活インフラとしてのコンビニエンスストアに対する社会的要請に応えるとともに、両社が持つ店舗インフラ・配送インフラの段階的な共通化を促進している。

今後、さらに効率的な店舗運営体制を整備し、それぞれの強みを活かした地域密着型のコンビニエンスストアを展開していくため、「ローソン・ポプラ」や「ローソン」ブランドへの転換を拡大していく。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方