メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

川崎駅西口開発計画/KAWASAKIDELTA、5月13日に商業棟「JR川崎タワー」開業

2021年01月22日店舗

JR東日本は1月22日、川崎駅西口開発計画「KAWASAKI DELTA」において、「JR川崎タワー」商業棟が5月13日から順次、開業すると発表した。

計画は、国際的な先端産業・研究開発都市へと進化する川崎市で、「川崎駅西口大宮町地区地区計画」(再開発等促進区、1999年12月決定)に基づき進めている、ビジネス、宿泊、商業機能の大規模複合型まちづくりとなっている。

<JR川崎タワー商業棟のイメージ>
20210122kawasaki1 728x510 - 川崎駅西口開発計画/KAWASAKIDELTA、5月13日に商業棟「JR川崎タワー」開業

5月13日、JR川崎タワー商業棟2階に「カフェ&レストラン」が開業する。隣接するJR川崎タワーオフィス棟2階にもコンビニ、保育施設が入居し、計9テナントが集結する。

また、5月19日、JR川崎タワー商業棟3階~5階に「ジェクサー・フィットネス&スパ24川崎」が開業する。

今回の開業をもって「KAWASAKI DELTA」がグランドオープンを迎え、川崎のまちに、さらなる賑わいを創出する。隣接するオフィス棟は、4月に完成する予定だ。

<カフェ&レストラン>
20210122kawasaki2 728x485 - 川崎駅西口開発計画/KAWASAKIDELTA、5月13日に商業棟「JR川崎タワー」開業

カフェ&レストランは、ジェイアール東日本ビルディングが運営する。店舗面積は約2500m2で、飲食店では、「タリーズコーヒー」「日乃屋カレー」「台湾風居酒屋 阿里城」、つけ麵の「玉 GYOKU」「博多天ぷら やまみ」「ナポリの下町食堂」「川崎市民食堂魚金‐西」が出店する。

営業時間は7時30分~23時30分で、一部、営業時間の異なるショップがある。

オフィスワーカーや地域の人々に、交流・憩いの場を提供する飲食店舗フロアを展開する。フロア全体が1つのホールのように回遊しやすく、一体感と解放感のある環境デザインを採用した。

モーニング、ランチ、ディナーといった多様なシーンで利用できる店舗が集結し、利便性が高く親しみやすいフロアを提供するという。

<施設所在地>
20210122kawasaki3 728x592 - 川崎駅西口開発計画/KAWASAKIDELTA、5月13日に商業棟「JR川崎タワー」開業

■施設概要
名称:JR川崎タワー商業棟
階数:地上5階/地下1階
フロア構成:地下1階~1階、駐車場
2階:カフェ&レストラン
3階~5階:フィットネス&スパ
アクセス:JR「川崎」駅下車西口より屋根付き歩行者デッキにて直結徒歩3分

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年03月07日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方