メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

JR甲府駅/やまなしの出迎え施設「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」

2021年03月22日店舗

JR東日本八王子支社、JR東京西駅ビル開発は4月7日、山梨の玄関口であるJR甲府駅改札口前に、信玄公生誕500年となる2021年の4月、ワイン県やまなしの出迎え施設「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」をオープンする。

<カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館>
20210322koufu1 - JR甲府駅/やまなしの出迎え施設「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」

「甲州ワイン」をはじめ、山梨県のワインをより一層楽しめるカフェ&ワインバー。カウンターでは一升瓶ワインを湯呑み茶碗に注いで提供する。ワインに合うおつまみやスイーツも一緒に、ここでしか味わえない独自のスタイルを提供する。

店舗名は、日本ワインの代表である甲州ワインを気軽に楽しんでもらうため「葡萄酒」、甲府駅を降りて一番に目につき立ち寄る場所として「一番館」と名付けた。

<店内イメージ>
20210322koufu2 - JR甲府駅/やまなしの出迎え施設「カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館」

店内では、グラスで楽しむ日替わりワインだけではなく、湯呑茶碗で飲むワイン、ワインに合わせた各おつまみ・スイーツを提供するとともに、山梨県内の特徴的な一升瓶ワインや山梨ワインをセレクトし、お客に山梨ワインを知って楽しんもらう。

山梨県では、農家が中心となりワイン醸造により「葡萄酒」文化が形成されてきた。この湯呑茶碗で「葡萄酒」を楽しむ様は、地元ならではの地域に浸透したワインの飾らない楽しみ方の一つと言え、湯吞茶碗でワインを提供する。また、お客の好みによっては、ワイングラスでも提供する。

世界的に認められたブドウ品種「甲州」「マスカット・ベーリーA」を使用したワインも多数用意した。ワインに合わせたおつまみ・スイーツを各種、用意し、山梨ワインとのマリアージュを楽しめる。

物販では、葡萄酒文化の象徴的な一升瓶ワインから、「甲州」や「マスカット・ベーリーA」など、世界的に有名な品種を使用したワインをセレクトし販売する。

■カフェ&ワインバー 葡萄酒一番館
所在地:JR甲府駅構内改札外みどりの窓口横
営業時間:10時~20時(7日は13時営業開始予定)
運営:山梨県産品センター、JR 東京西駅ビル開発
事業内容:山梨ワイン・軽食・カフェなどの販売、山梨各情報発信拠点

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年04月16日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方