流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





日鉄興和不動産/マンション専用無人ストアの設置を本格開始

2021年04月02日 16:10 / 店舗

日鉄興和不動産は4月2日、マンション専用無人ストア「Store600」の本格展開を今春から開始すると発表した。

<マンション専用無人ストアを共同開発>
マンション専用無人ストアを共同開発

「Store600」は、2020年3月に資本業務提携を締結した「無人コンビニ 600」を展開する600と共同開発したもの。

<キッズコーナーなどに設置>
キッズコーナーなどに設置

ファミリー・高額物件「リビオ」「グランリビオ」シリーズの共用施設内(ラウンジ、キッズコーナーなど)、コンパクト物件「リビオレゾン」シリーズにおいて日用品を中心にストッカーとして設置、学生マンションの無人食堂などを想定している。

首都圏に加え、2021年中に、関西地区、九州地区で日鉄興和不動産が開発するマンションにも設置を開始する予定だ。

<ワークプレイスへの設置も想定>
ワークプレイスへの設置も想定

両社は2019年にマンション初となる「リビオレゾン板橋本町ステーションサイド」への「無人コンビニ 600」導入を機に、マンション居住者への最適商品の提供、検証を実施してきた。

オフィス、マンションを中心に導入されている「無人コンビニ 600」は、3000種類以上の商品ラインナップから、設置場所のニーズに合わせた商品の提供が可能。利用者は専用端末にクレジットカードを通し好きな商品を取り出すだけで自動的にクレジット決済され、キャッシュレスで商品を購入することができる。

一方で、新型コロナウイルスの影響などにより、マンション居住者のライフスタイルやニーズが多様化している社会的背景、従来の「無人コンビニ 600」はマンションに設置する上での意匠性・商品ラインナップなどの課題があった。そこで、マンションに設置する無人ストアとして最適化されたサービスを提供すべく、マンション専用の無人ストア「Store600」を共同開発した。

マンションという環境に合わせた、インテリアに自然に溶け込むスタイリッシュなデザインを意識し、分譲マンションに相応しい高級感を追求。マンション内のワークスペース、カフェスペース、キッズスペースといった多様な場面にも馴染む、シンプルながら意匠性を追求したデザインを実現した。

商品を購入する際には、専用のアプリケーションを使用して解錠・決済を行い、簡単に希望の商品を購入することが可能。購入商品の検知方法を「無人コンビニ 600」のRFIDを用いた手法から、購入者によるQRコード読み込みに変更することで、販売可能な商品点数は、2~3倍に増加した。

これにより、多種多様な商品ラインナップが可能となり、購入者の利便性・購買満足度向上を目指す。

また、冷蔵機能の廃止に伴い、設置環境により結露が発生する課題を解消した。

補充オペレーションの難易度が低下したことにより、管理人による補充や外部サービサーによる補充ができ、 設置コストの抑制、600が配送できない首都圏以外のエリアへの展開が可能となる。

今後は、日鉄興和不動産の開発するマンション以外にも、600が他社の開発するマンション、既築のマンションへの設置展開を進めることで、投資先としての600の企業価値向上にも期待しているという。

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧