流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





イオンモール川口/店舗面積約2倍で建て替え、目標年間来館者数800万人

2021年05月24日 19:01 / 店舗

イオンモールは5月24日、埼玉県川口市で開業を予定している「イオンモール川口」の報道向け内覧会を開催した。

当初、5月28日のグランドオープンを予定していたが、埼玉県のまん延防止等重点措置が延長されることや、新型コロナウイルス感染症の拡大防止を考慮し、グランドオープンを延期した。グランドオープン日は、決定次第、案内するという。

<イオンモール川口>
イオンモール川口

イオンモール川口は、1984年に開業し34年間営業してきたが、今回、多様化するニーズ、デジタル社会に対応すべく、2018年8末に営業を終了し、建て替えをしていた。

旧イオンモール川口は、2018年10月から2019年9月にかけて、12億3500万円をかけて、土地建物所有者のサイボーが解体撤去を実施し、建設を進めていた。

敷地面積は約7万8000m2、延床面積は約12万6000m2、総賃貸面積は約5万9000m2で、設計施工は安藤間が担当した。建物設置者はサイボーで、総賃貸面積が約2倍に拡大したことを受け、コロナ禍による休業などを加味しない、通常の年間営業を前提に、年間来館者800万人を想定している。

基本商圏は、5㎞圏内約23万世帯・約50万人を想定する。旧イオンモール川口の年間来館者は約450万人だったため、来館者数で倍増を見込んでいる。

<館内>
館内

建て替えでは、「kawaguchi green park」をコンセプトに、地域の日々の暮らしに便利な生活を提供するほか、高品質な商品と充実したサービスを提供し、ニューノーマルな社会環境に合わせ、リアルとデジタルを融合した最新型のモールを展開する。

ニューノーマル下のライフスタイルに対応するため、イオンモールアプリを活用した「モバイルオーダーサービス」、出前館と連携した「フードデリバリーサービス」を導入。ストレスフリーで、食事を楽しめるサービスを提供する。

<フードデリバリーサービスの利用例>
フードデリバリーサービスの利用例

生鮮三品にくわえ、スイーツやグロッサリーなど幅広い品揃えを展開する食物販ゾーン、約1000席を備えた15店舗からなるフードコート、和洋中バラエティ豊かなレストランなど、エリア最大級の食のゾーンが誕生する。

<フードコート>
フードコート

専門店は、ファッションから家電、スポーツ、アミューズメント、シネマ、フィットネスジムまで、生活に寄り添う約150の専門店を集積。高品質の商品やサービスをワンストップで提供する。

<モールゾーン>
モールゾーン

新型ウイルス感染症拡大防止対策では、新たな換気システムや最新の設備を導入するなど、防疫対策を実施し、顧客の「安全安心」の先にある価値を提供する。

<混雑度をサイネージ表示>
混雑度をサイネージ表示

イオンスタイル川口は、デジタルトランスフォーメーション(DX)を駆使した、初の本格的な「スマートストア」として開業する。今までにない快適な買物環境を提供するとともに、効率的な店舗オペレーションを推進する。

<イオンスタイル川口>
イオンスタイル川口

■イオンモール川口
所在地:埼玉県川口市安行領根岸3180番地
TEL:イオンモール川口048ー280-2700
イオンスタイル川口048ー288-8900
出店店舗数:核店舗イオンスタイル川口
サブ核店舖ユニクロ/無印良品/スーパースポーツゼビオ/
ヤマダデンキ テックランド/ティップネス/イオンシネマ
専門店:約150店舖
敷地面積:約7万8000m2
延床面積:約12万6000m2
総賃貸面積:約5万9000m2
建物構造:鉄骨造地上4階建
駐車台数:約2800台
駐輪台数:約1500台
設計・施工:安藤間
建物設置者:サイボー
営業時間:専門店10時~21時
レストラン11時~22時
シネマ9時~24時
イオンスタイル川口8時~23時
※一部営業時間が異なる売場がある
休業日:年中無休
従業員数:施設全体約2500名(内、イオンスタイル川口約600名)
https://kawaguchi-aeonmall.com/

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧