流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





ライフ/22年出店の豊洲店がBELS最高ランクとZEB Ready認証を取得

2021年11月25日 13:10 / 店舗

ライフコーポレーションは11月25日、2022年に出店を計画する「豊洲店」(東京都江東区)で、建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の5段階評価で最高ランクを獲得し、「ZEB Ready」の認証を取得したと発表した。

<豊洲店(イメージ)>

「BELS」は、建築物の省エネ性能を第三者評価機関が評価し認定する、建築物省エネルギー性能表示制度。豊洲店では、高効率ヒートポンプを採用した高性能空調設備や照明制御などの技術を導入したことが最高ランクの獲得につながった。

一方、「ZEB Ready」は、省エネで基準一次エネルギー消費量から50%以上の一次エネルギー消費量の削減を実現している建物を指す。豊洲店では、50%以上の省エネルギーを実現したことが認められた。

<横浜花之木町の物件(イメージ)>

ライフは、2022年に出店を計画する横浜花之木町の物件でも、豊洲店と同じく、BELSの最高ランクと「ZEB Ready」の認証を取得する予定。同社では、持続可能な社会の実現に向けてCO2の排出抑制などの環境に配慮した取り組みを今後も推進していくとしている。

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧