流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





羽田エアポートガーデン/第3ターミナル直結の複合施設2023年1月31日開業

2022年12月08日 15:50 / 店舗

住友不動産グループは2023年1月31日、羽田空港第3ターミナル直結の複合開発プロジェクト「羽田エアポートガーデン」を全面開業する。

<羽田エアポートガーデン全体図>
羽田エアポートガーデン全体図

施設は、羽田空港24時間国際拠点空港化に伴い求められる多様な宿泊需要、国際交流機能や都市観光に質する機能を整備しており、世界のハブ空港「羽田空港」にふさわしいホスピタリティと機能性を兼ね備えた全1717室のエアポートホテル、展望天然温泉、イベントホール・会議室、商業施設、バスターミナルで構成する。また、中核施設である「住友不動産ホテルヴィラフォンテーヌプレミア羽田空港・グランド羽田空港」は12月21日から、先行開業する。

<建物側面図>
建物側面図

「羽田エアポートガーデン」は、羽田空港第3ターミナル直結に立地し、敷地面積4万3000m2に12階建ての建物で構成する。ショッピングゾーンには、日本文化を感じられる名産品の数々が揃う「Japan Promenade(ジャパンプロムナード)」、お土産から雑貨などバラエティ豊かなショップが軒を連ねる「羽田参道(ハネダサンドウ)」、旅先でもおしゃれに・美しく・快適に過ごせるアイテムが揃う「HANEDA COLLECTION(ハネダコレクション)」、和食からラーメン、フードコートなどバラエティに富んだ飲食店が並ぶ「Haneda Food Selection(ハネダフードセレクション)」、旅行に必要なものを購入できる「ドラッグストア」など、海外のお客だけでなく、空港を利用する、すべてのお客が楽しめる便利で多彩な約80店舗を取りそろえる。

また、世界のハブ空港にふさわしく、世界各地・日本各地から集うビジネス客や観光客からも選ばれるホスピタリティと機能性が充実した2つのホテル「住友不動産ホテルヴィラフォンテーヌプレミア羽田空港」「住友不動産ホテルヴィラフォンテーヌグランド羽田空港」が12月21日に先行開業する。

ホテル施設内は、ホテルレストランやバーだけではなく、展望天然温泉も備えている。ホテル宿泊のお客以外でも、レストランや温浴施設、敷地内にある駐車場を利用できる。

また、羽田空港最大、約2400m2のMICE対応のイベントホール・会議室を有する「ベルサール羽田空港」がオープンする。約1000名まで収容可能な大型イベントホール(1109m2・天井高4.5m)と会議室・バンケット(10室)で、国際会議や学会、催事など空港直結MICE会場として利用できる。

■施設概要
計画名:羽田空港直結複合開発プロジェクト
街区名称:羽田エアポートガーデン
所在地:東京都大田区羽田空港2丁目7
交通:京急線「羽田空港第3ターミナル」駅直結徒歩1分
東京モノレール「羽田空港第3ターミナル」駅直結徒歩1分
敷地面積:4万3000m2
延床面積:9万1500m2
店舗延床面積:7536m2
階数:地上12階
主な用途:ホテル(ラグジュアリーホテル160室、ハイグレードホテル1557室)
温泉、商業施設、イベントホール、会議室・バンケット、バスターミナル他
事業者:羽田エアポート都市開発(住友不動産100%子会社)
運営者:住友不動産(上記事業者から一括マスターリース)
設計・施工:日建設計・西松建設

■住友不動産の関連記事
住友不動産/住宅・商業・公益の複合施設「シティタワー武蔵小山」

関連記事

関連カテゴリー

店舗 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧