小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ユナイテッドアローズ/クロムハーツ事業を分離

ユナイテッドアローズは5月27日、自社が運営するクロムハーツ事業を分離すると発表した。

クロムハーツ事業に関連する権利義務を、簡易吸収分割の方法により、自社が新たに設立するCHROME HEARTS JP合同会社(CH新会社)に対して承継する。

その後、CH新会社の持分を「CHROME HEARTS」ブランドの創始者であるリチャードスターク氏とその親族が管理・運営するCH Holding Companyに対して譲渡する。

ユナイテッドアローズは1999年以降、CHROME HEARTSブランドのライセンスを受け、CHROME HEARTSブランド商品を取り扱うブランドショップを運営してきた。

現在のライセンス契約は2016年9月末に契約期間が満了する。創業家らと協議した結果、クロムハーツ事業に関する権利義務をCH新会社に承継させた上で、CH新会社の持分の全てをただちに譲渡するのではなく、CH Holding Companyに対して、2016年12月~2024年12月までの間に複数回に分けて譲渡することを決定した。

ユナイテッドアローズがCH新会社の持分の全てを譲渡するまでの間、ユナイテッドアローズはCH Holding CompanyとともにCH新会社を合弁事業として運営する。

なお、クロムハーツ事業に主として従事する従業員は、分割会社から承継会社に対して出向する予定だ。

2016年3月期のクロムハーツ事業の売上高は114億6300万円、ユナイテッドアローズの売上構成比の8.1%だった。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧