流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





経産省/災害対策基本法に基づく指定公共機関にイオン、セブンなど7社

2017年06月27日 16:00 / 経営

経済産業省は6月27日、「災害対策基本法」に基づく指定公共機関に指定された7社を発表した。

指定されたのは、イトーヨーカ堂、イオン、ユニー、セブン-イレブン・ジャパン、ローソン、ファミリーマート、セブン&アイ・ホールディングス。

指定公共機関は、公益的事業を営む法人のうちから、内閣総理大臣が指定している。

該当法人等は、防災業務計画の策定のほか、災害予防・応急・復旧等において重要な役割を果たすという。

今回、官民が一体となった取組の強化を図るため、内閣総理大臣が指定する指定公共機関について、スーパー、総合小売グループ、コンビニエンスストア7法人が新たに指定公共機関として指定されたという。

関連記事

関連カテゴリー

経営 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧