メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

天満屋ストア/ヨーカ堂PB「顔が見えるお肉。」販売、nanaco全店導入

2017年08月29日経営

天満屋ストアは8月29日、イトーヨーカ堂のプライベートブランド「顔が見えるお肉。」の取扱いを10月中旬から開始すると発表した。

鹿児島県産熟成黒毛和牛「鹿児島錦牛」を販売するもので、天満屋ハピータウン岡南店、原尾島店、岡北店のほか、岡山市内の数店での販売する。

天満屋ストアとイトーヨーカ堂は2013年12月に資本提携を実施し、イトーヨーカ堂が天満屋ストア株式の20%を取得している。

2014年11月には、イトーヨーカ堂の衣料品開発ブランドの婦人服「GALLORIA(ギャローリア)」を導入したほか、食料品で「顔が見える野菜。」を導入していた。

また、電子マネーnanacoを、天満屋ストアのPOSシステム更新に合わせて、全店舗に導入し、順次、利用を開始するという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方