メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

相鉄/「羽沢横浜国大」駅を新設、JRと相互直通運転に

2017年12月12日経営

相模鉄道は12月11日、神奈川東部方面線事業のうち、相鉄・JR直通線で新設される羽沢駅(仮称)の名称を「羽沢横浜国大」駅とする、と発表した。

<「羽沢横浜国大」駅>
「羽沢横浜国大」駅

相鉄・JR直通線(2019年度下期開業予定)は、相鉄本線 西谷駅からJR東海道貨物線 横浜羽沢駅(貨物駅)付近間に連絡線(約2.7㎞)を新設し、この連絡線を利用して相鉄線とJR線が相互直通運転を行うもの。

この直通線開業に合わせて、同駅は横浜市神奈川区羽沢南二丁目に開設される。

<駅舎の内観>
駅舎の内観

また、駅舎のデザインは、相鉄グループが取り組む「デザインブランドアッププロジェクト」に基づき、キーマテリアルである「鉄」・「レンガ」・「ガラス」などを用いてデザイン性を向上させる。

キーカラーである「ダークグレー」を使うことで案内サインなどの視認性向上を図る。ホームには、身体の不自由なお客はもとより、高齢者や子ども連れの家族にも安心して利用してもらえるようホームドアが整備される。

2022年度下期(予定)には、同駅から新横浜を経由して、東急東横線・目黒線日吉駅(横浜市港北区)までの相鉄・東急直通線(約10.0㎞)が完成し、東急線とも相互直通運転が開始されることになり、乗換回数の減少、相鉄線沿線から東京都心部までの速達性向上、新幹線駅アクセスの向上を目指す。

■「羽沢横浜国大」駅
所在地:神奈川県横浜市神奈川区羽沢南二丁目
駅ナンバリング:SO51
駅構造:相対式2面2線
駅設備:改札口1カ所、エレベーター2基、エスカレーター4基、ホームドア1式
デザインコンセプト:安全×安心×エレガント

<神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)完成路線図>
神奈川東部方面線(相鉄・JR直通線、相鉄・東急直通線)完成路線図

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月23日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方