メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

サントリービール/2018年のビール類、6520万ケース目指す

2018年01月10日経営

サントリービールは1月10日、2018年の事業方針を発表した。

国内ビール類総市場・ノンアルコールビールテイスト飲料を除く国内ビール類市場は、ともに対前年98%程度と推定している。

同社は、今年も「ザ・プレミアム・モルツ」「金麦」「オールフリー」の主力3ブランドにマーケティング活動を集中して新たな需要を喚起。加えて、「頂(いただき)」を育成し、高アルコール新ジャンルカテゴリーでの確固たるポジション獲得を図る。

同社計では7220万ケース(対前年101%)、ビール類では6520万ケース(同101%)を目指す。

「ザ・プレミアム・モルツ」ブランド1730万ケース(対前年101%)、「金麦」ブランド3590万ケース(対前年100%)、「頂」ブランド480万ケース(対前年216%)、「オールフリー」ブランド700万ケース(対前年104%)を目標としている。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方