小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

消費税増税/最も不安を感じている業種は「小売業」

経営/2019年07月31日

アドビ システムズは7月30日、「消費税増税に伴う業務に関する実態調査」結果を発表した。

<増税対策に最も不安を感じている業種は「小売業」>
増税対策に最も不安を感じている業種

調査はインターネット上で行われ、金融、建設、不動産、製造、卸売、小売、運輸、倉庫、サービス、の全9業種の計1023人を対象に行ったもの。

同調査により、消費税増税対策に最も不安を感じている業種は「小売業」ということが明らかになり、さらに対応も不十分であることがわかった。

また、消費税増税に伴い「対応しなければいけない業務」は、契約書や請求書といった「書類」が最も多く、コンピューターや周辺機器、通信ネットワークといった「情報システム」よりも多い結果となった。

消費税増税に伴う業務対応に不安を感じているか聞いたところ、不安を感じている人は約半数以下(47.5%)という結果に留まった。しかし、業種別に見ると、「小売業(65.0%)」が全体より17.5ポイントの差をつけて不安だと回答している。

<消費税増税への対応>
消費税増税への対応

消費税増税への対応が進んでいるか聞いたところ、全体では約3割(34.3%)が「全て対応した/だいたい対応した」となった。

最も対応できていない(あまり対応できていない/全く対応できていない)業種は、増税対策に最も「不安を感じている」と回答した「小売業(60.0%)」だった。

<増税に伴い対応が必要な業務>
増税に伴い対応が必要な業務

消費税増税に伴い対応が必要な業務を聞いたところ、契約書や請求書などの「書類(61.7%)」、次いで「情報システム(51.8%)」を挙げる声が圧倒的に多くなっている。

■消費税増税に伴う業務に関する実態調査 概要
調査方法:インターネット調査
実施対象:全9業種、1023人
業種別サンプル数:金融(90)、建設(86)、不動産(47)、製造(194)、卸売(73)、小売(80)、運輸・倉庫(87)、サービス(236)、その他(130)
調査地域:全国
調査期間:2019年6月13日~14日
消費税増税に伴う業務に関する実態調査

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧