メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ユニー・ファミマHD/PPIH株式追加取得、持分法適用会社化の方針継続

2019年08月19日経営

ユニー・ファミリーマートホールディングス(UFHD)は8月16日、ドン・キホーテなどを展開するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)の株式を追加取得すると発表した。

<ドン・キホーテの店舗>
ドン・キホーテの店舗

現在、UFHDはPPIH株式4.88%を取得しているが、PPIHとの提携関係をさらに強化するため、株式を追加取得するもの。市場動向を見極めつつ、今後1~2年をかけて議決権に対する割合が最大15%となる水準までの取得方針を決議した。取得金額は開示していない。

追加取得分は、5.12%~10.12%で、議決権ベースで10%~15%の追加取得を目指す。15%以降については、追加で株式を取得することを否定するものではなく、別途判断する。

UFHDは、2018年10月にPPIH(旧ドンキホーテホールディングス)株式の20.17%を公開買付けで取得し、持分法適用会社化することを表面していたが、PPIHの株価上昇により、0.02%しか取得できなかった。

そのため、PPIHの持分法適用会社化を見送り、PPIHもUFHDからの役員派遣を見送っていた。UFHDは、「中期的にPPIHを、持分法適用会社化する方針については、従来から特に変更はなく、今回の買い付けもその一環」とコメントしている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年11月25日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方