小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

セブンイレブン/沖縄の店舗に「ペットボトル回収機」設置

経営/2019年09月20日

日本財団とセブン-イレブン・ジャパンは9月20日、沖縄県内のセブン‐イレブン店舗(2019年8月末現在:17店舗)に「ペットボトル回収機」を設置すると発表した。

<ペットボトル回収機>
ペットボトル回収機

セブン-イレブンでは、2017年より「ペットボトル回収機」の設置を開始し、現在東京都と埼玉県の316店舗(2019年8月末)で設置。沖縄県でも、加盟店の協力のもと「ボトルtoボトル」の資源循環の仕組みを構築していく。

日本財団は、セブン-イレブン店頭に設置するペットボトル自動回収機の費用の半分を拠出。セブン‐イレブン店舗は、回収機の設置、運用および回収資源を管理し、ペットボトルリサイクルの啓発を行う。

利用者に対しては、回収時にポイント(nanacoポイント)が貯まるシステムを採用。空ボトルの投入意欲を高める効果につなげる。読み取り面にカード(nanacoカード)をかざして投入口が開閉するため、不意な動きが心配な子どもにも安全な仕組みになっている。

<「ボトルtoボトル」の資源循環>
「ボトルtoボトル」の資源循環

「ペットボトル回収機」は、寺岡精工のペットボトル減容回収機「ボトルスカッシュ」を採用。使用済ペットボトルを投入すると機内で圧縮することで、回収輸送の回数削減と、それに伴う排ガスと輸送コストを抑制する効果が期待されている。

幅広い層の人に投入を促す目的から、子どもや背の低い高齢者でも使用済みペットボトルを投入できるよう、投入口を約120cmの高さに設定した。コンパクトな箱型タイプでありながら、収納力は通常タイプより55%アップとなる1機あたり小型ペットボトル約280本の回収を実現する。

<ペットボトル減容回収機「ボトルスカッシュ」を導入>
ボトルスカッシュ

また、同社独自のプレ裁断圧縮方式を開発・採用したことから、減容したペットボトルを膨らみにくい状態に保てる。ペットボトルの飲み口部分を欠落しないように減容することもでき、減容したペットボトルの資源価値を高めた。

今回の取り組みと併せて、セブン-イレブンと日本財団は、地域清掃も積極的に行い、地域とともに、海洋ごみ対策、プラスチック対策を推進していく。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通最前線一覧

流通ニュースから

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧