メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

日本調剤/新型コロナウイルス感染対策「アプリ」で処方せん送信活用

2020年03月11日経営

日本調剤は3月11日、厚生労働省より発せらた「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」に基づいた、感染予防対策を発表した。

各店舗内で消毒を実施。「自動ドアの押しボタン」、「投薬カウンター」、「顧客用座席」、などを消毒用エタノールなどを用いて定時的に消毒を実施している。

従業員のマスクの常時着用と毎日の検温を徹底。厚生労働省より発信の「国民の皆様へのメッセージ」を全店舗、待合室の掲示板に掲示した。

在宅訪問・社会福祉施設への訪問時対策として、マスクの着用、患者宅へ訪問前後の手指消毒(洗浄)、毎日の検温を徹底している。

医療機関・社会福祉施設等のスタッフ、看護師、ケアマネジャーなどと連携し、患者の体調管理と情報共有に努めている。

なお、同社のお薬手帳アプリ「お薬手帳プラス」の処方せん送信機を使用すると、速やかな薬の引き取りが可能となるという。

お薬手帳プラスは、処方箋をスマートフォンで撮影して、事前に薬局へ送信。薬の準備ができるとアプリに知らせが届くので、薬局の待ち時間を有効活用できる。

■お薬手帳プラス「処方せん送信」について
https://portal.okusuriplus.com/feature/

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方