メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

マツキヨ、ロート製薬/スキンケア製品の容器をリサイクル

2020年08月26日経営

ロート製薬とマツモトキヨシホールディングスは共同で9月1日から、「地球も肌も潤うリサイクルプログラム」を全国の薬マツモトキヨシ「matsukiyo LAB(マツキヨ ラボ)」で開始する。

使い終わったスキンケア製品の空き容器の回収・リサイクルを通じて、地球の緑に変えていくプログラムに取り組む。

<地球も肌も潤うリサイクルプログラム>
地球も肌も潤うリサイクルプログラム

今回は、肌に潤いを与えるスキンケアアイテムだけでなく、地球の潤いも考えた企画。お客には使い終わったスキンケア製品(ロート製薬の製品以外でも可)の空プラスチック製ボトルなど対象の容器を全国の「matsukiyo LAB」に設置する専用回収BOXに持参する。

集まった空き容器はその後テラサイクルによって新たなリサイクル素材として活用し、最終的に植木鉢となり、地球の緑を増やし、地球の潤いにも貢献する。

回収対象は化粧水、乳液、保湿クリーム、洗顔フォームなどのプラスチック製のボトル(フィルム付きのままで可)。プラスチック製品以外でも、フェイスマスク容器/アルミ蒸着パッケージやスキンケア製品の詰め替えパウチも回収する。

近年、環境問題は未来の社会を考えた際に解決していくべき社会問題の一つとして、各業界においてアクションが多数行われている。

これまで両社ではそれぞれで取り組みを行ってきたが、製造業・小売業と業界の枠を超えて共に取り組みを行うことで、さらに多くの人がこれまでの行動を考え、変える一つのきっかけになると考えた。

これからもお客と共に未来を考え、一緒に取り組んでいきたいと考える両社の想いが合致し、今回の取り組みに至ったという。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方