メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

2020年のスポーツアパレル/前年比13%減もアウトドアウェアは堅調

2020年12月15日経営

矢野経済研究所は12月15日、スポーツアパレル市場に関する調査結果を発表した。

2020年のスポーツアパレル国内市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年比13.3%減の4868億7000万円を見込んでいる。

新型コロナウイルスの感染拡大により、3月上旬ごろより学校部活動の活動休止、各種スポーツスクールや公共体育館の営業休止など、国民のスポーツの場やプレー機会が失われたことでスポーツウエアの需要は急速に縮小した。

<スポーツアパレル国内出荷市場規模推移・予測>
20201215yano - 2020年のスポーツアパレル/前年比13%減もアウトドアウェアは堅調

また、2020年は、トップの座を維持してきたトレーニングウエア(1100億7000万円、前年比16.7%減)に代わり、アウトドアウエア(1155億円、4.8%減)の出荷金額がカテゴリー別で最大となることが予想されるという。

アウトドアウエアは、近年、普段着として着用するライフスタイル需要の拡大により、高成長が続いてきた。

コロナ禍において「3密」を避けようと都心を離れてキャンプに出掛ける消費者の需要など、スポーツシーンが失われて需要縮小が著しいトレーニングウエアと比較すると、アウドドアウエアは前年からの落ち込み幅を抑えられ、カテゴリー別で最大の出荷規模となる見込みだ。

2021年市場11.1%増の5411億円の見込み

さらに、2021年のスポーツアパレル国内市場規模はメーカー出荷金額ベースで、前年比11.1%増の5411億円を予測している。

2020年秋時点における春夏物の在庫は例年以上であることから、多くの商品が2021年に持ち越される模様。特に春夏は、各小売業態ともに大量の旧品処分を優先するシーズンになることが予想される。

■調査概要
1.調査期間:2020年9月~11月
2.調査対象:スポーツ関連企業(メーカー/サプライヤー・卸売業・小売業)
3.調査方法:同社専門研究員による直接面接、電話・e-mailによるヒアリング、郵送アンケート調査併用

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年05月17日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方