小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

雪印メグミルク/北海道工場に200億円設備投資

雪印メグミルクは7月28日、国産乳製品の製造拠点である北海道の磯分内工場に設備投資する、と発表した。

磯分内工場は、1960年に操業を開始したバター、生クリーム、脱脂粉乳製造の主力工場。既存製造棟は狭隘で老朽化も顕著であり、設備運用上の制約が大きいため、今後、生産機能を維持・強化するためには、建物、製造機器も含めた設備全般の刷新が必要なため、200億円投資し、設備投資を行う。

今後の新規製造ラインの機能付与も可能な建物レイアウトや設備能力設定を工夫するとともに、省人化、自動化設備を活用し生産の効率化を追求する。バター製造のための新棟、ユーティリティ設備に関わる新棟(ボイラ、受配電設備、冷凍機、用排水処理設備などを含む)を建設する。

■設備投資概要
延床面積(投資後): 約2万9000m2内(新設分約2万3000m2)
新製造棟での生産品目:バター、生クリーム、脱脂濃縮乳
生乳処理能力:21万t/年
稼動開始予定:2020年度下期

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧