メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

解熱鎮痛薬/ドラッグストアでの売上35%増、スーパーでは42%増

2021年07月30日経営

True Dataは7月29日、同社の統計データをもとに、ドラッグストア、食品スーパーマーケットにおける2021年6月の消費動向を発表した。

ドラッグストア1店舗あたりの購買金額は、前年同月と比べ5.5%減少、食品スーパーマーケットは0.3%減少した。

ドラッグストアの伸び率ランキング1位は「農産珍味」、2位は「解熱鎮痛薬」。「解熱鎮痛薬」は食品スーパーマーケットでも、伸び率ランキング1位になっている。同社は「ワクチン接種が進んだことによる影響」とみている。

全国ドラッグストアにおける6月の客数をあらわす1店舗あたりのレシート枚数は、前年同月に比べて7.6%減少した。一方、1レシートあたりの購買金額は2.3%増加した。1回の買物でまとめて購入する傾向は継続している。

カテゴリ別対前年伸び率ランキングでは、前年(2020年)と比べ、 最も売り上げを伸ばしたのは「農産珍味」(むき栗、 ナッツ、 干しいもなど)で、前年同月比38.8%増だった。前月に続き、2カ月連続で伸び率ランキング1位を記録した。

<2カ月連続で「農産珍味」が伸び率1位>
20210730t1 - 解熱鎮痛薬/ドラッグストアでの売上35%増、スーパーでは42%増

ランキング2位の「解熱鎮痛薬」は35.3%増。前月はTOP10圏外だった「スピリッツ」が10.6%増、「ビール」が10.5%増、それぞれ売り上げを伸ばした。

スーパーでは解熱鎮痛薬、プレミアムアイスなどが好調

全国食品スーパーマーケットにおける6月の客数をあらわす1店舗あたりのレシート枚数は、前年同月に比べて2.7%増加した。前々年の2019年と比べると5.4%減少だった。

1レシートあたりの購買金額は、前年同月と比べて3.0%減少した。2019年同月比では7.7%増加しており、コロナ前と比べると1回の買い物でまとめ買いをする傾向が出ているという。

<プレミアムアイスなども人気>
20210730t2 - 解熱鎮痛薬/ドラッグストアでの売上35%増、スーパーでは42%増

カテゴリ別対前年伸び率ランキング6月1位の「解熱鎮痛薬」は、前年同月比42.0%増。「プレミアムアイス」の売り上げが23.9%増、「ビスケット・クッキー」は17.7%増、「紅茶」(ティーバッグなど)が16.3%増となっている。

■問い合わせ先
https://www.truedata.co.jp/contact

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年09月20日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方