メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

御殿場アウトレット/行動変容で「CO2の削減」をめざす実証実験に参加

2021年11月05日経営

NTTドコモと一橋大学、立命館大学は11月6日から約2カ月間、ナッジを活用した観光情報の配信により、混雑・渋滞の緩和とそれによるCO2排出削減を目的とする実証実験を開始する。

実証実験は3者に加えて、御殿場プレミアム・アウトレットを運営する三菱地所・サイモン、ドコモとともに2021年10月から「東名の渋滞予測TODAY」の実証を開始した中日本高速道路(NEXCO中日本)、該当地域の観光促進を担う御殿場市観光協会とも連携して実施する。

<実証実験のイメージ>
20211105gotenba 728x627 - 御殿場アウトレット/行動変容で「CO2の削減」をめざす実証実験に参加

実証実験では、商業施設などの観光情報と「AI渋滞予知」に基づく渋滞予測情報を配信する。配信にあたりナッジの活用と、ドコモの保有する顧客情報やAI技術などにより、個々のお客にパーソナライズした内容とすることで、渋滞緩和によるCO2排出抑制と観光促進の効果向上を目指す。

お客は、御殿場プレミアム・アウトレット内にドコモが設置する実証実験受付場所で、実証専用アプリを自分のスマートフォンにインストールすることで実証実験に参加できる。

実証実験は、環境省の委託事業「令和3年度低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的対策推進事業」の一環。事業では、2つの課題に取り組む。

1つ目の課題は、「ナッジ(nudge:そっと後押しする)」の効果改善。ナッジは行動経済学理論に基づき、人々が自身にとってより良い行動(例:健康促進、疾病予防)を自発的に選択できるよう促す取り組み。費用対効果が高く世界的に注目されているが、効果は個人差があり得るため、「Behavioral InsightsTechnology(BI-Tech)」による効果向上が期待されている。そこで、ドコモの保有する顧客情報やAI技術などを活用し、パーソナライズされたナッジ配信を通じて観光促進の向上効果を検証する。

2つ目は、エリア全体のCO2排出削減効果を検証する。情報配信により多くの運転者が移動行動を変更すると、本来発生するはずであった渋滞が緩和したり、お薦めの場所に向かうルートで新たに渋滞が発生するなど、エリアの交通量に一定の影響を与える。自動車のCO2排出は交通状況に大きく左右されるため、移動行動を変更した運転者だけではなく、エリアを走行するその他の運転者への影響も含めた、自動車のCO2排出量を検証する必要がある。そこで、「Multi-Agent Simulation(MAS)」によって、情報配信による行動変容がある場合、ない場合の交通量をシミュレーションし、CO2排出削減効果を検証する。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

流通ニュースから

流通業界カレンダー

今日は2021年12月01日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方