メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

食品主要105社/値上げ7月末までに累計1万8532品目、改定率平均14%

2022年08月03日経営

関連キーワード:

帝国データバンクは8月1日、「食品主要105社」価格改定動向調査の結果を発表した。

<7月31日時点の食品値上げ品目数>
7月31日時点の食品値上げ品目数
※出典:帝国データバンクホームページ(以下同)

上場する主要飲食料品メーカー105社における、2022年以降の価格改定計画(値上げ、実施済み含む)を調査した結果、7月末までに累計1万8532品目で値上げが判明した。

8月単月での値上げは2431品目になり、単月で初めて2000品目を超えた。10月は6305品目で値上げ計画が明らかになっており、このペースで推移すると、年内の累計値上げ品目数は8月中に2万品目超えが確実だという。

<値上げ品目・分野別推移>
値上げ品目・分野別推移

さらに、各品目の価格改定率(各品目での最大値)は平均で14%となり、6月末時点から上昇した。急激に進んだ円安を背景に、夏~秋以降の値上げを中心として値上げ幅が拡大している。

また、今夏以降の値上げ要因では、原油高に伴う包装資材、容器、物流費の高騰、急激な円安による影響を挙げたケースが多かった。

2022年5月頃までは小麦など原材料価格の高騰が値上げの理由だったが、近時は原油高による輸入・物流コストの上昇、急激な円安にともなう輸入コストの上昇へと変化している。

<主な食品分野での価格改定動向>
主な食品分野での価格改定動向

食品分野別に値上げとなった品目をみると、最も多いのは加工食品で7794品目だった。

前月から1000品目超増加した。値上げ率も平均で16%に達している。

調味料では4350品目となり、前回調査から約2000品目が増加している。だし製品など水産品関連の値上げが相次いでいることに加え、年内に砂糖や食用油が複数回値上げされたことを背景に、マヨネーズ製品などで値上げが顕著だという。

酒類・飲料(3732品目)では新たな値上げはほぼ見られなかったものの、10月にビール類や清涼飲料水で一斉値上げが予定されている。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2022年08月11日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方