メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東京スカイツリー/春から展望デッキに新エンタメプログラム

2016年01月05日トピックス

東京スカイツリーは春から、夜間営業時の天望デッキフロア350において、プロジェクションマッピングを活用した映像や音響とパフォーマーによるショーを組み合わせた新たなナイト・エンターテイメントプログラムを導入する。

<新プログラムのイメージ>
新プログラムのイメージ

プログラムは、夜間における展望台の魅力をさらに高めることを目的とした施策。

天望デッキフロア350からの圧倒的な夜景の眺望を背景に、展望台の半周以上となる横幅約110メートル、縦幅約2メートルの窓ガラス面上方に特殊フィルムを貼付した巨大スクリーンに仕立て、34台のプロジェクターと18台のスピーカーにより迫力ある「映像」を音響とともに投影する。

映像にあわせてパフォーマーが登場する「ショー」を一体的に融合させて華やかに上演することで、観覧するお客も一緒に楽しめるプログラムを提供する。

■東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp/

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月26日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方