メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ジュピターテレコム/家庭用電力小売りに参入

ジュピターテレコム(J:COM)は1月6日、4月に提供を開始する低圧電力小売りサービス「J:COM電力家庭用コース」の先行申し込み受付を開始した。

2016年4月に提供開始する「J:COM電力家庭用コース」は、J:COMサービスエリア内の一戸建てと集合住宅各戸が対象のプラン。

ケーブル多チャンネル放送、高速インターネット、固定電話を含むJ:COMサービス(長期契約プラン)と組み合わせることで、地域電力会社に比べて電力量料金(従量部分)を3段階式で割り引いて提供する。

割引率は、地域電力会社の従量電灯メニューの第3段階料金部分(300kWhを超過する分)が10%、第2段階料金部分(120kWhをこえ300kWhまで)が1%、第1段階料金部分(最初の120kWhまで)が0.5%。

例えば、関東の一戸建てで月間電気使用量が485kWh、年間電気使用量が5820kWhの家庭が「J:COM電力家庭用コース」に加入すると、東京電力の電力料金(月額約1万2600円)に比べて、年間で約6800円お得となる。

販売する電力の調達と需給管理は、住友商事グループの国内電力事業会社であるサミットエナジーが行う。

J:COMは「J:COMEverywhere」構想のもと、ケーブルテレビ、インターネット、電話、モバイルなどの放送・通信サービスを核にして、地域のお客の生活に役立つさまざまなサービスを「ワンストップ」で提供することを目指している。

2012年には大規模マンション向け高圧一括受電サービスを開始し、全国で約7万4000世帯の契約実績がある。

2016年4月からマンション向け高圧一括受電に加えて低圧電力小売事業も開始することで、全国15都道府県のサービスエリア内約1955万世帯を対象にJ:COMの電力サービスを展開する。

■J:COM電力家庭用コース
http://www.jcom.co.jp/promo/electricity/

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方