メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

イオンシネマ/越谷レイクタウンなど4劇場に体験型シアター4DXを導入

イオンエンターテイメントは4月下旬、埼玉県越谷市の商業施設「イオンレイクタウン」内の「越谷レイクタウン」に、体験型アトラクションシアター「4DX」を導入する。

今夏には、名取(宮城県名取市)、筑紫野(福岡県筑紫野市)、京都桂川(京都市)にも4DXを導入する。

4DXによる上映では、映画のストーリー展開に合わせて座席が前後・上下・左右に動くほか、風・水・雨・香り・煙・空気の噴射・光のフラッシュ・シャボン玉・雪・嵐・座席の振動・くすぐり効果と、全13種の演出が新次元の映像体験を創出する。

料金は、鑑賞料金プラス1000円で、3D上映の場合、別途3D料金が掛かる。

2015年には、「イオンシネマ四条畷」(大阪府四条畷市)、「イオンシネマみなとみらい」(横浜市)に4DXを導入。4DX対応劇場は全国6劇場となった。

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年09月19日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方