小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

流通経済研究所/無料プレ講座「流行心理ゼミナール」、3月15日開催

流通経済研究所は3月15日、4月から開講する「流行心理ゼミナール」の無料プレ講座を開催する。

流行理論と消費者の流行心理の第一人者である中島純一氏(日本ダイレクトマーケティング学会会長、流通経済研究所 研究顧問)が、過去15年間のデータなどを用いて、新商品とヒット商品の特徴を紹介する。

なお、4月12日から「流行心理ゼミナール」(全6回)を開催する。

「流行心理ゼミナール」は、ヒット商品の裏側にある「流行心理」に焦点をあて、受講者がヒット商品を生み出すための力をつけることを目的に開講する。

毎回の講義では、「流行心理」を始めとした「流行」に関する理論を学んだ後、演習を通じて、商品をヒットさせるための観点を養う。

開催時期は4月~6月(全6回:4/12、4/26、5/11、5/25、6/8、6/22)各回とも午後半日で行う。

■開催概要
日時:3月15日(火)13:30~15:40
会場流通経済研究所 会議室
東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階(JR線・地下鉄各線市ヶ谷駅徒歩2分)
http://www.dei.or.jp/aboutdei/access.html
参加費:無料
対象:メーカー・卸売業の商品開発部、マーケティング部、営業企画部の各担当者
小売業の商品部、マーケティング部、販売促進部の各担当者
・定番商品に何かイノベーションを行いたい
・商品のクオリティの良さをもっと伝えたい
・売れる商品の消費者インサイトを深く知りたい
・他店と差別化するプライベートブランド商品を作りたい
・新規開発、商品開発部門で、新鮮なアイディアを出したい
・誰も気づいていない、でもこういう商品が欲しかった、という商品を企画したい
※業種によっては、申込みをお受けできない場合がある。

■詳細・申し込み
http://www.dei.or.jp/seminar/seminar_160315_02.html

■プログラム
13:30~13:35
講座の趣旨と目的

13:35~15:00
講義
「ヒット商品を生み出すための流行心理の基本」
・流行、人気、トレンドに大きく影響を受ける消費者の二重心理
・売れる商品、人気の店頭企画を生み出す代表的な流行心理コミュニケーションの法則
・POSデータからみた流行の正しい読み方と予測
・流行心理ゼミナール講座のカリキュラム紹介
流通経済研究所 研究顧問 
日本ダイレクトマーケティング学会(JASDM)会長 
中島 純一

15:00~15:40
講師を交えた茶話会

■講師プロフィール
流通経済研究所 研究顧問 
日本ダイレクトマーケティング学会(JASDM)会長 中島 純一
経歴:
東京大学大学院教育学研究科後期博士課程単位取得満期退学。
東京大学大学院社会学研究科後期博士課程単位取得満期退学。
第一回佐藤栄作賞優秀賞を受賞 論文「人間の開発と社会」(文部省、外務省、国連大学後援)
青山学院大学、明治学院大学、防衛大学校、東海大学、同志社女子大学教授を経て現職。

主な研究領域:
消費者行動と流行心理研究、コミュニケーション心理学、メディア・コミュニケーション論、ダイレクトマーケティング論。

主な著作:
「仕事に役立つ心理学99題」(別冊宝島) 宝島社 2015年(監修)
「増補改訂版 メディアと流行の心理」 金子書房 2013年
「コミュニケーションと日常社会の心理」 金子書房 2006年
「進化するメディアの新たなコミュニケーションと消費者行動」通信販売年鑑
 2006年(共著)

■問い合わせ
流通経済研究所
担当:河野、東(あづま)
住所:東京都千代田区九段南4-8-21 山脇ビル10階
TEL:03-5213-4532

関連キーワード:

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧