メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

西武新宿駅高架下/飲食店街「BrickSt.」をオープン

西武プロパティーズは、西武鉄道新宿線西武新宿駅高架下に飲食店を集積した新施設「Brickst.(ブリックストリート)」をオープンした。

<ブリックストリート>
ブリックストリート

これまで展開していた商業施設「アメリカン・ブルバード」を、飲食店4店とコンビニエンスストアの5店を集積した施設にリニューアルする。

4月5日に第1期として「ピアーズカフェ」、カフェ&ダイナーの「ハングアウトハングオーバー」がオープン。

6月17日に第2期として、ビアレストラン「(仮称)ロワーライトバー&グリル」「すし屋銀蔵」がオープンする。

「アメリカン・ブルバード」は、1980年の開業以来、アメリカン・カジュアルをコンセプトとするファッションゾーンとして営業してきたが、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け街が大きく変化していることに対応する。

新宿・歌舞伎町エリアに来街するお客や訪日外国人観光客など、幅広いお客が利用できる飲食ゾーンを形成する。

施設名称は、建物や街路をレンガのイメージで統一し、300mにおよぶ通りに沿って店が集う活気あふれるストリートとなるように「ブリックストリート」とした。

歌舞伎町のにぎやかな商業エリアに隣接しながらも、鉄道高架下を活用した明るく、しかも落ち着いた雰囲気のある飲食ゾーンとして、多種多様なメニューを取り揃え、ランチでもディナーでも利用できる店舗をそろえた。

今後は、隣接する西武新宿ぺぺと連携を図りながら、相互送客に努めるという。

施設概要
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-30-1
店舗数:5店

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月27日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方