メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

Olympic/3~11月、天候不順・増税の影響で営業収益3.3%減

2020年01月16日決算

Olympicグループが1月10日に発表した2020年2月期第3四半期決算によると、営業収益751億800万円(前年同期比3.3%減)、営業利益4億7300万円(22.9%増)、経常利益3億4100万円(8.0%増)、親会社に帰属する当期利益1億8000万円(15.3%減)となった。

売上面は、ディスカウント部門、スーパーマーケット事業の回復が遅れていることに加え、天候不順や消費増税による影響もあり減収だった。

商品構成の見直し、値入率の改善により利益率の改善は着実に進んでおり、経費面もローコスト運営を徹底してした結果、営業利益、経常利益は増益となっている。

通期は、営業収益1040億円(前期比1.0%増)、営業利益11億円(95.7%増)、経常利益10億円(113.5%増)、親会社に帰属する当期利益5億円(70.0%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月24日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方