小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

コクミン/タニタと連携し歩数をポイントに還元

ドラッグストアと調剤薬局を展開するコクミンは7月21日、タニタと連携し、歩数をポイントに還元する健康マイレージ連動型の「ヘルスケアプログラム」を開始した。

まず、大阪市の「コクミンなんばCITY店」、大阪府吹田市の「コクミンドラッグ南千里店」の2店で開始する。

専用の通信機能を備えた活動量計(トライアル価格・税込2000円)を購入すると、ヘルスケアプログラムに参加できる。

コクミンポイントアップカード会員を対象に、800人限定のトライアルとしてスタートする。トライアルの結果を踏まえて、対応店舗や対象人数を拡大する計画だ。

利用者は、専用の活動量計を使って1日あたりの総消費カロリーや歩数を計測し、コクミン店舗に設置している情報端末「ヘルスケアポイントターミナル」から、専用サーバーへデータを転送する。

店舗には、プロフェッショナル仕様の体組成計、血圧計による健康計測スポットを併設しており、そこで計測したデータも専用サーバーへ自動転送する。

転送したデータは、パソコンやスマートフォンを使ってタニタの健康管理サービス「からだカルテ」にアクセスすることで、経時変化をグラフにして確認できる。

からだカルテには、ヘルスケアポイントターミナルからアクセスすることもできる。計測した歩数データは、コクミンポイントに換算され、コクミンの店舗で利用できる。

プログラムのスタートにあわせて、タニタ管理栄養士など専門家による健康セミナーや美容プログラムを実施する。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧