小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

JR東日本/日本橋馬喰町に、寝台特急北斗星のパーツを再利用したホテル

JR東日本は9月6日、日本橋馬喰町に、寝台特急「北斗星」の実車パーツを内装に再利用したホステル「Train Hostel 北斗星」を12月中旬にオープンすると発表した。

<施設イメージ>
施設イメージ

既存ビルを取得し7月19日から11月30日まで改修工事を実施、6階までを簡易宿所へ用途変更する。

訪日外国人旅行者の多様な滞在スタイルに対応するため、低廉な価格で気軽に長期宿泊が可能な宿泊施設を開発する一環。

Train Hostel 北斗星は、旅の道中が楽しくなるホステルを目指し、運行廃止となった寝台特急「北斗星」の2段ベッドや個室寝台の一部実車パーツを内装に再利用し、限られたスペースで細部にまでこだわった寝台列車の空間づくりを取り入れる。

施設内に観光地の情報ブースを設け、東北地方を中心とした観光情報の提供を行い、「北斗星」による旅の疑似体験を通じてホステルを利用する訪日外国人旅行者を中心に東日本エリアへの旅行喚起を図る。

訪日外国人旅行者への対応として、全スタッフが英語に対応。FreeWi-Fiを導入し、ホームページは英語、韓国語、中国語に対応する。

予約サイトは英語に対応し、大型スーツケース置き場などを配置する。

施設概要
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町1-10-12
構造:SRC造・RC造地上7階建
敷地面積:106.52m2
延床面積:693.97m2
構成1階:フロント2階:ラウンジ・ホステル
3階~5階:ホステル6階:シャワー・ランドリー
宿泊人数:78ベッドドミトリー式2段ベッド(一部個室タイプ)
宿泊料金:2500円/泊~4000円/泊
オープン:2016年12月中旬

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧