小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ダイバーシティ東京 プラザ/清掃ロボットCL02導入、清掃の省人化加速

三井不動産は3月、ショッピングセンター「ダイバーシティ東京 プラザ」(東京都江東区青海)にて、CYBERDYNEが新たに開発した「清掃ロボットCL02(シーエルゼロツー)」を導入する。

<清掃ロボットCL02>
清掃ロボットCL02

「清掃ロボットCL02」は、2017年11月より「ダイバーシティ東京 プラザ」で両社協力のもと実証実験を重ねてきた。

従来の清掃ロボットでは技術的に対応が困難であった、商業施設特有の「吹き抜け等の大空間」や「曲面がある複雑な形状」といった課題を、CYBERDYNEの高度なセンシングやAI技術によって解決した。

<ショッピングセンターにおける清掃業務の省人化を加速>
ショッピングセンターにおける清掃業務の省人化を加速

さらに、埃の集積度のレポートにより、汚れやすい場所の特定も可能で、従来製品を超える効率的な運用が見込まれる。

今回の新モデルは、建物内部の形状をスキャンし、清掃経路を記憶することで磁気テープやマーカーの誘導線がなくても走行できるほか、新たに清掃経路の自動パターン生成機能が加わった。

また、従来モデルと比較して走行スピードが速く、広いエリアを自律走行するとともに、3Dカメラを用いてロボットの進行方向の障害物を立体的に検出したり、清掃後に清掃エリアのゴミ分布マップを作成したりすることができるなど、より高度な機能を実現した。

さらに、経路変更も現場のスタッフが簡単に行えるなど清掃現場での操作性にも優れており、清掃員1人あたりの業務効率を最大化させ、安定した高品質な清掃を最小のスタッフ構成で遂行することが可能になる。

三井不動産は、「ダイバーシティ東京 プラザ」での導入後、施設運営の現場において清掃ロボットの利用効率を高め、同社が運営する「三井ショッピングパーク ららぽーと」など、他商業施設への導入を目指す。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧