小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

MFSJ/旧「フレッド・シーガル」運営会社、東京地裁より特別清算開始命令

帝国データバンクによると、MFSJは、2月14日に東京地裁より特別清算開始命令を受けた。

<2016年3月当時の「フレッド・シーガル」横浜店>
2016年3月当時の「フレッド・シーガル」横浜店

同社は、2014年10月の設立。商業施設「フレッド・シーガル」および関連施設の運営や小売事業を展開していた。

米国SANDOW社が同国西海岸を中心に展開していたセレクトショップを、同社との直接契約により日本国内で展開。

2015年4月に1号店である「フレッド・シーガル」代官山店、2016年3月には「フレッド・シーガル」横浜店、2017年3月には「フレッド・シーガル」神戸店をオープンしていた。

主力のファッション部門は、小売事業として「ランバン」「マルタンマルジェラ」など海外高級ファッションブランドをセレクトして販売するほか、本国オリジナルブランド「1961」を運営していた。

雑貨・フード・コスメ・その他事業では、本国オリジナルブランドである「MART」を主体として、キッチン、バス、文具、家具、食品類を展開するほか、飲食店として、キッチンカーによるホットドッグなどの軽食販売を行い、2017年3月期には年売上高約4億2000万円を計上していた。

しかし、2016年には親会社の異動があり、2017年8月に横浜店を閉鎖。親会社のグループ再編・整理の方針により、2017年10月2日の株主総会で解散を決議、今回の措置となった。

負債は調査中。

なお、代官山店と神戸店は他社に事業譲渡され、営業を継続している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧