小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日本政府観光局/6月の訪日外客数23.9%増の198万6000人

日本政府観光局が発表した訪日外客数によると、6月の訪日外客数は、前年同月比23.9%増の198万6000人で、これまで6月として過去最高だった昨年の160万200人を約38万人上回った。

夏休みシーズンの開始と継続的な訪日旅行プロモーションの展開、クルーズ船の大幅な寄港増加などが、引き続き訪日外客数の増加要因となった。

<訪日外客数のシェアの比較 2015年/2016年>
訪日外客数のシェアの比較 2015年/2016年

市場別では、台湾、香港、米国が単月として過去最高を記録した他、英国、ロシアを除く15市場が6月として過去最高を記録した。中でも中国は、4月から3か月連続で50万人台を超えるなど好調だった。

「2016年熊本地震」の影響により、5月の訪日者数が4.2%減となった韓国は、6月は38.1%増の34万7000人と大きくプラスに転じた。

要因としては、前年6月の中東呼吸器症候群(MERS)により鈍化した需要の反動増に加え、地震後運休していた九州便の再開、旅行会社などによるセールやこれと連動した訪日旅行プロモーションの実施が奏功したものと考えられる。

1~6月の上半期の累計は28.2%増の1171万400人と、初めて半年で1000万人を超え、過去最高となった。これまでの過去最高は2015年上半期の訪日外客数914万人だった。

上半期の訪日外客数が過去最高を記録した市場は、ロシアを除く19市場となった。

一般に7月は、年間を通じて最も訪日外客数が多い月となっている。

テロの発生や英国のEU離脱問題など、国際的な政情不安や円高傾向が長期化すれば消費者の旅行動向に及ぼす影響が心配されるものの、東アジアから多数のクルーズ船の寄港が予定されている他、マレーシアやインドネシアではラマダン明けの旅行シーズンを迎えることから、訪日外客数の動向に対してプラス要因となることを期待している。

訪日旅行市場における熊本地震の影響については、一部市場では未だ影響が見られることから、引き続き注視するという。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧