流通ニュースは、流通全般の最新ニュースを発信しています。





丸亀製麺/フィリピン・マニラに進出

2017年08月16日 12:15 / 海外

トリドールホールディングスは8月16日、フィリピン・マニラにフィリピン初の店舗「Marugame Udon BHS店」をオープンした。

<Marugame Udon BHS店>

現地パートナー企業として、フィリピン国内とアメリカ、中近東、中国でアパレルなどの事業を幅広く展開するSUYENの飲食事業を担当する子会社B.V.CUISINE社を選定し、フランチャイズ契約を締結した。

フィリピンで2020年までに10店の展開を計画し、フィリピン国内で早期に丸亀製麺ブランドの人気を確立し、広くASEAN全域でも愛されるブランドとして育成することを目指す。

店舗は人気の商業施設内に出店し、数多くの高感度な現地生活者が集まる立地。日本国内と同様に、本格的な味わいが楽しめる讃岐うどんメニューと、現地の人が食べやすい現地化したメニューを提供する。

あくまでも現地のミドルアッパー層が日常的に利用できる和食となるよう、現地ファストフードと同等の価格帯で提供する。

かけうどん、釜揚げうどん、ざるうどんは各95フィリピンペソ(約209円)、カレーうどん170フィリピンペソ(約374円)、肉うどん185フィリピンペソ(約407円)、カレーライス160フィリピンペソ(約352円)、牛丼170フィリピンペソ(約374円)、カツ丼190フィリピンペソ(約418円)などで販売する。

関連記事

関連カテゴリー

海外 最新記事

一覧

最新ニュース

一覧