小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ニトリHD/2月期の売上高9.8%増、営業利益10.2%増の730億円

ニトリホールディングスが3月28日に発表した2016年2月期の業績は、売上高4581億4000万円(前期比9.8%増)、営業利益730億3900万円(10.2%増)、経常利益750億700万円(10.4%増)、当期利益469億6900万円(13.3%増)となった。

ランタン銀座店(東京都中央区)をはじめ都市部への出店を加速させ、関東地区に12店舗、近畿地区に7店舗、中部・東海地区と九州・沖縄地区にそれぞれ6店舗、中国・四国地区に4店舗、北陸甲信越地区に3店舗、東北地区に2店舗と合わせて40店舗を出店し、ドミナント地域の形成をより一層推し進めた。

近畿地区で2店舗、関東地区で1店舗を閉鎖し、国内の店舗数は前年度末から37店舗増加し、383店舗となった。

このうち小商圏フォーマットのデコホームは、10店舗増加し39店舗となった。

海外店舗は、台湾に4店舗、中国で6店舗をオープンし、海外の店舗数は台湾24店舗、米国5店舗、中国8店舗と合わせて37店舗となり、国内・海外の合計店舗数は420店舗となった。

来期の見通しは、これまで以上に品質・機能を向上させた商品の開発とトータルコーディネートの提案、お客へのサービス向上に注力するためのマネジメント体制の強化に努める。

物流効率の最適化をすすめるとともに、経営基盤強化のため国内と海外での積極的な新規出店を行っていく方針で、売上高5000億円(9.1%増)、営業利益790億円(8.2%増)、経常利益800億円(6.7%増)、当期利益514億円(9.4%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧