小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

関西スーパー/3月期は売上高1200億円、営業利益13億円

関西スーパーマーケットの2016年3月期決算は、売上高1200億8200万円(前年同期比1.0%増)、営業利益13億7400万円(前期は1億5400万円の営業損失)、経常利益18億5100万円(630.5%増)、当期利益9億2400万円(9億5500万円の当期損失)となった。

お客目線の品質、価格、買物環境の追求を重点施策としたうえで、全店で「お客目線の店づくり」に努め、「自慢の品」を中心とした価値訴求型の商品に注力した。

エコアクション21を全店舗で認証取得し、お客と一体になって、レジ袋や生ごみ削減のリサイクル推進を実施し、地域の子どもを店舗に招いた体験型の食育活動を実施するなど、社会貢献活動や地域コミュニティの発展にも取り組んだ。

来期は、売上高1198億1000万円、営業利益14億円、経常利益17億円、当期利益6億円の見通し。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧