小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

パルコ/3~5月は売上高3.4%減、営業利益3.9%減

パルコの2017年2月期第1四半期決算は、売上高682億800万円(前年同期比3.4%減)、営業利益32億3100万円(3.9%減)、経常利益31億5700万円(4.7%減)、当期利益17億2500万円(12.2%減)となった。

ショッピングセンター事業の売上高は609億6400万円(2.8%減)、営業利益は28億7300万円(3.6%減)となった。

既存パルコ店舗は、引き続き「都心型店舗」、「コミュニティ型店舗」の2類型の発展に向け、店舗別の政策を強化した。

改装では、コト消費拡大などライフスタイルの変化や、インバウンド需要への対応に向けたテナント構成の改編をテーマに、一時休業を予定している渋谷パルコ・閉店を決定している千葉パルコを除く全店計約2万m2を改装し、改装ゾーンの売上高は全店計19.8%増と伸長した。

専門店事業の売上高は51億6700万円(2.2%増)、営業利益は3900万円(63.3%減)となった。ヌーヴ・エイは、前年同期より出店数が増加したことにより、売上高は前年同期実績を上回ったが、出店経費などの増加により、営業利益は前年同期実績を下回った。

通期は、売上高2801億5000万円、営業利益135億円、経常利益138億円、当期利益78億5000万円の見通し。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧