メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

東急ハンズ/3月期は売上高1.5%増、営業利益76.3%減

2017年05月12日決算

東急ハンズの2017年3月期決算は、売上高972億円(前年同期比1.5%増)、営業利益3億円(76.3%減)となった。

創業40周年を契機としたさまざまなキャンペーンを行うとともに、ヒントショーなど独自接客コンテンツの強化を通じて「ハンズ」ブランドの価値向上に努めた。

新規店舗の寄与等により増収となったが、既存店の減収や記念キャンペーンに伴う販促費の増加などにより減益となった。

新規店舗として2016年4月に「東急ハンズ長崎店」、10月に「東急ハンズららぽーと湘南平塚店」、「東急ハンズ金沢店」、11月に海外3店舗目となる「東急ハンズサンテックシティ店」(シンガポール)を開業した。

来期は、売上高1009億円、営業利益9億円の見込み。

4月に「東急ハンズあまがさきキューズモール店」を開業するなど着実な事業拡大に努めた。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月31日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方