小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

日清製粉/小麦価格の低下で、2017年3月期売上高4%減

日清製粉グループ本社が5月12日発表した2017年3月期通期の連結決算は、売上高5320億4000万円(前期比4.4%減)、営業利益255億1100万円(7.3%増)、経常利益303億2900万円(7.9%増)、純利益194億6600万円(10.8%増)となった。

売上面は、昨年1月に取得した中食・惣菜事業の子会社の連結効果はあったものの、原料小麦価格の低下に伴う製品価格の低下、円高に伴う海外事業の為替換算の影響により、減収だった。

利益面では、コストダウンをはじめとした収益向上施策や新規子会社の連結効果により、増益を計上した。

2018年3月期通期の連結決算は、売上高5350億円(前期比0.6%増)、営業利益260億円(1.9%増)、経常利益300億円(1.1%減)、純利益201億円(3.3%増)を予想している。

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧