小売・通販・中間流通・メーカーの最新ビジネスニュース発信

流通ニュース

ヤオコー/2019年3月期、30期連続増収増益目指す

ヤオコーが5月14日発表した2018年3月期通期の連結決算は、売上高4149億9200万円、営業利益169億6900万円、経常利益165億2800万円、純利益110億400万円となった。

<ヤオコー店舗イメージ>

既存店の売上が伸長し、業績をけん引。人件費増、デリカ・生鮮センター2期事業、新物流センターの稼働により減価償却費が増加したが、経費増を上回る売上増でカバーした。

新規店舗として、7月に流山おおたかの森店(千葉県流山市)、10月に館林アゼリアモール店(群馬県館林市)、11月に八百幸成城店(東京都調布市)、日野南平店(東京都日野市)、浦和パルコ店(埼玉県さいたま市)、2月に東松山新宿町店(埼玉県東松山市)の6店舗を出店するとともに、2店舗を閉店。既存店の活性化策として、11店舗について大型改装を実施した。

2017年4月3日にエイヴイグループの発行済株式全部を取得し、同グループを完全子会社化し、2018年3月期連結会計年度より連結財務諸表を作成しているため、前期の数値、前期との比較分析は行なっていない。

2019年3月期通期の連結決算は、売上高4300億円(前期比3.6%増)、営業利益173億円(1.9%増)、経常利益169億円(2.2%増)、純利益111億円(0.9%増)を予想している。

5月14日開催された2018年3月期決算説明会で、川野澄人社長は、「2018年3月期は単体ベースで29期連続の増収増益となった。今後、さらに1キロ圏内商圏シェアの拡大、プレミアム商品を含むPB売上比率11%、野菜などお客様に支持される商品の強化を図る」。

2019年3月期は、「伝票のペーパーレス化、需要予測に基づく発注などができる新情報システムに大きく投資する。500店舗まで対応可能なシンプルなシステムに変更し、店舗作業を軽減する。既存店を売上を確実に上げながら、店舗作業軽減と経費削減を進める厳しい期になるが、社員一丸となってで30期連続増収増益をなしとげたい」としている。

関連キーワード:

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧

POS分析一覧

倉庫.com 最新テナント情報

店舗レポート一覧