メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

大黒天物産/内食需要増、自社商品強化で6~8月増収増益

2020年10月12日決算

大黒天物産が10月12日に発表した2021年5月期第1四半期決算によると、売上高572億4100万円(前年同期比12.4%増)、営業利益26億3100万円(約2.5倍)、経常利益27億2600万円(約2.6倍)、親会社に帰属する当期利益17億3400万円(約2.8倍)となった。

食の安心・安全を確保するための品質・鮮度管理の徹底、売場環境の整備、接客の向上、「安くて新鮮で美味しい商品」をスローガンに商品開発の実践、ESLP(エブリデイ・セーム・ロープライス)による地域最安値価格を目指すなど、魅力ある店作りを展開している。

加えて、自社開発商品の中身を徹底的に分析し、顧客満足度を高め、改良を重ねた、「高品質・低価格」なラインナップを前面に打ち出している。

通期は、売上高2124億5500万円(0.2%増)、営業利益61億2000万円(3.1%増)、経常利益62億9500万円(2.4%増)、親会社に帰属する当期利益38億3000万円(2.5%増)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2020年10月22日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方