メールマガジンは 平日毎日配信! 最新ニュースを無料でお届け

ローソン/3~11月、コロナ禍で外出減少が響き減収減益

2021年01月08日決算

ローソンが1月8日に発表した2021年2月期第3四半期決算によると、営業総収入4974億2500万円(前年同期比9.7%減)、営業利益323億5600万円(37.9%減)、経常利益302億7300万円(37.8%減)、親会社に帰属する当期純利益119億400万円(54.1%減)となった。

国内コンビニエンスストア事業の営業総収入は3204億300万円(11%減)、営業利益は245億1100万円(39.7%減)となった。

新型コロナウイルス感染症拡大によるリモートワークの広がりや外出機会の減少などによる客数・売上の減少には、回復の兆しも見られた。一方で、9月に発生した台風10号の接近に伴い九州地方、山口県、愛媛県で店舗の計画休業を実施したことや、11月以降に感染者が急増したことなどが来店動向に影響を及ぼした。

このような状況のなか、店舗における新型コロナウイルス感染症防止策として、引き続き顧客と店舗従業員の安全を第一に、レジカウンターへのビニールシート設置、ソーシャルディスタンスの確保や従業員の手洗い・うがいの励行、アルコール消毒の徹底やマスクの着用などに取り組んだ。

客数の減少により売上高は大きく減少したが、外出を控え自宅で料理をする人が増えたことに対応し、品ぞろえを拡充した5つのカテゴリー(生鮮野菜、冷凍食品、日配食品、酒類、常温和洋菓子)は販売が大きく伸長した。

需要が高まる冷凍食品では、自宅で「プチ贅沢(ぜいたく)」気分を手軽に味わえるよう、ワインに合うメニューをビストロシリーズとして発売し人気となった。

コロナ禍でニーズが高まるフードデリバリーサービスは、従来展開してきた「Uber Eats(ウーバーイーツ)」に加え、2020年11月からは「foodpanda(フードパンダ)」を導入した。これにより、両サービスを合わせたフードデリバリーサービスの導入店舗数は、11月末日現在で27都道府県の1472店舗となった。

第3四半期における「ローソン」、「ナチュラルローソン」、「ローソンストア100」の国内の出店数は313店舗、閉店数は254店舗となり、2020年11月末での国内総店舗数は1万4503店舗となった。

通期は、営業総収入6700億円(8.2%減)、営業利益350億円(44.4%減)、経常利益300億円(46.8%減)、親会社に帰属する当期純利益50億円(75.1%減)を見込んでいる。

関連キーワード:

この記事をシェアする

関連カテゴリー

最新ニュース

一覧
流通業界カレンダー

今日は2021年01月21日

カレンダーの日付を選んで出来事をチェック!

カレンダーの使い方